アーカイブ

マリウスファーブル社「マルセイユ石鹸ビックバー」の使い方・ピアノ線(ワイヤー)でカットに挑戦!!②

通販でやっと手にいれた300年も愛され続けた石鹸「マルセイユ石鹸ビックバー」ロングバータイプの大きな石鹸。

王家の石鹸ビッグバー

「マルセイユ石鹸ビッグバ―」は、石鹸は中が柔らかい状態で届きます。時間が経ち乾燥すると硬くなりカットできなくなるので「柔らかいうちにカットして保管」しておくのだとか。

石鹸をカットして石のように乾燥してしまっても、泡たちも洗浄力もそのまま。30年経っても、50年経っても使えるとと聞きました。

そこで私も、さっそくカットに挑戦…

マルセイユ石けん ビッグバー

まず、「マルセイユ石鹸ビッグバー」を木箱から出してみました。

自称力持ち♪の私が片手で持っても、ずっしりと重い(汗…

不器用な私でも、しっかり上手に切れるのだろうか??と不安の中、カットの準備に入ります。

石鹸をカットするのは初めて。最初に戸惑ったのは、木箱の中で切るのか、それとも木箱から出して切るのか。どこで切ったらいいのか?ということ。

食器洗い用にも使える石鹸ということから、お菓子用の木の板を使うことにしました。

石鹸を通販したときについていた、ワイヤー(ピアノ線)を使ってカットします。

カット方法については、説明書、注意書きに書いていなかったので、迷いました。石鹸の上からワイヤーを押し付けて切るのか、それとも石鹸の下にワイヤーを回して切るのか??

一個目は、失敗してもいいやという感じで、石鹸の上からワイヤーを押し付けて、左右にワイヤーを引っ張りながら切ろうと進めたのですが「まったくうまく切れない」

それでもなんとか「ぐいぐい」とワイヤーを石鹸に食い込ませて切ること1つ。

「これだけの石鹸を全部カットするのは大変だ…」と思いつつ、今度は石鹸の下にワイヤーを入れて、石鹸の上でワイヤーをクロスして、


左右にワイヤーを「ぐい~っ」と引っ張り、半分まで切れたらワイヤーを上に引っ張ります。

すると簡単♪

石鹸が「スパンッ」と面白いように切れること^^

※届いたばかりの石鹸なので、中は柔らかく切りやすいです。

「マルセイユ石鹸ビッグバー」の粘土ような香りと、柔らかさ。まるで子供の頃の図工の授業のようで、つい夢中になって、何個も何個もカットに夢中…

はじめは上手く切れない石鹸のカットも、3個目あたりから上手くなりました。

こんなにつみあがりました^^

すると、外遊びから帰ってきた息子が「僕も石鹸をカットしたい♪」と参入。

手つきも顔も真剣そのもの。

勉強もこんなに真剣になってくれたらいいのに??と思うくらい目が真剣。

「やった~できた♪」子供でも簡単にカットできました^^

カットした個数は全部で18個。1個あたり約139グラム。値段は556円。

計算してみると、手作りで手間暇かけて作られた無着色、無香料の石鹸で、肌にもやさしい。時間とともに石鹸の水分が蒸発して小さくなったとしても、価格もそれほど高くないこと。

2回目の購入から、木箱なしの石鹸を購入すれば価格が割安、肌が弱い方向けのマルセイユ石鹸を購入するよりお得な気がしてきました^^

アトピーの方や、生まれたての赤ちゃんから、お年寄りの方、オリーブオイルとカマルグ地方の天然塩。パームオイルとココナッツオイルだけの無着色、無香料の石鹸。

使った人にしかわからない、洗い心地と気持ちよさ。

洗い心地、使用感を早速体験してみようと思います♪

マルセイユ石鹸ビッグバー【洗顔編】③へ続く

こだわり商品研究所 >> マルセイユ石けん ビッグバー

お役立ちな商品レビューが満載 リンクシェア・チャンネル