管理人日記

男の子の子育てで悩むママに「男の子を伸ばす母親は、ここが違う!」松永暢史

なんで「こんなこともできないの??」「なんでわかってくれないの?」「どうして言うことを聞かないの?」なんて思うのは、日常茶飯事。

「チョロチョロして落ち着きがない」のは、授業参観に行って100も承知。学校の先生からは、授業中にトイレに行ったまま、戻ってこない、と思ったら、よそのクラスをのぞき見したり、女の私には理解できない行動ばかり目立ちます…

過去に山のように購入、今手元にある子育て本。

子育て本

子育て本を読むと「納得する、勉強になる」ことばかり書いてあるのですが、いざ息子に実行してみようと思うと「どうも本の通りに上手く行かなかったり…」

ついついよそのお子さんと比較してしまったり、なんでうちの息子だけ、なんて悩む毎日。旦那に相談しても「男の子なんてそんなもんだよ」なんて軽く言われる始末…

そんな男の子の子育てにつまづく私が読んでみたいと思った本、

~それが男の子の持つ「オチンチン力」です~

強烈なフレーズです^^

 

男の子を伸ばす母親は、ここが違う!  松永暢史 著

男の子を伸ばす母親は、ここが違う!  松永暢史 著 株式会社扶桑社

著者は、教育環境設定コンサルタント、音読法、作文法、サイコロ学習法、短期英語学習法など様々な学習メソッドを開発、ブイネット教育相談事務所主宰している、松永暢史(まつなが・のぶふみ)さん。

 

母親から見た「くだらない」とか「落ち着きがない」と思う行動は必要なこと。女性から見るとくだらないと思うことでも、男の子はそれで想像力や行動力、知性を伸ばしていると知りびっくりです。

本の中でも、私が気になったのは、

・「調べてごらん」が子どもの好奇心を刺激する

・親の会話力が、子どもの国語力を引きだす

・男の子には「怒り」よりも「冷たさ」が効く

・“口だけオババ”の言うことを聞く子はいない

・親の薄いリアクションに、子どもの心は閉ざされる

・親の会話力が、子どもの国語力を引きだす 教育の基本は「観察」にある

 

「口だけオババ」、「親の薄いリアクション」しっかり当てはまっている私。ついつい仕事に家事に忙しく、子供をしっかり観察できていなかったり…

しっかり子育てしているつもりでも、不十分な事多々あります。

 

わが子の「オチンチン」力をつぶさないためにも、「伝説のカリスマ家庭教師が説く、40の奥義」取り入れてみたいと思います^^

男の子を伸ばす母親は、ここが違う!  松永暢史●著 [rps]